忍者ブログ

不来方の日々

思うままに書いております。最近はテレビやラジオの話が多め。

勝手に対決!岩手VS青森 放送局のまつり

今日と明日は、よくネタにしている
IBC岩手放送のお祭りがあります。
滝沢市のアピオを使っての大規模なイベント。
きょうは「じゃじゃじゃTV」で現地紹介をしていました。

さて先週。
ふらっと(?)青森に行ったときに、RABまつりをやっていました。
RABは、青森の日テレ系でラジオも持ってる老舗局。
IBCと位置付けは一緒ですねと言いたいところですが、
青森はフジ系がないので、RABが天下の時代がずっと続いています。
今回はRABとIBCのまつりを比較してみましょう。

①入場料・・・どちらも無料
②場所 RAB:青い海公園(アスパム)=青森の中心部から程近い場所
      IBC:アピオ=滝沢の山奥
③物販 RAB:県内の協賛各社を中心としたブース(約60)
         +お取り寄せグルメ&スイーツ(約60)
         +フリーマーケット(約60)
      IBC:県内の協賛各社を中心としたブース(約70)
④子供向けイベント・・・どちらもジバニャン(妖怪ウォッチ)
⑤ステージイベント・・・後でじっくり

入場料はどちらも無料。入りやすいのはありがたいですね。
場所は青森は中心部。中心部の集客にも寄与していそうでした。
一方岩手は山奥。とはいえ駐車場も大きくて4号線沿いで便利っちゃあ便利。
場所については甲乙つけがたしといったとこでしょう。
子供向けイベントはどちらもジバニャン。本当に大人気ですね。
岩手はIBCで放送をしています。
青森では他局がやっているんですが大丈夫なんですね。

そして大きく違うのが物販。
岩手が70ブースなのに対して、青森は合計180。
RABはやれることをできるだけやっちまえ!といったような
大変なごちゃごちゃ感がありました。
岩手は数でなく、中身で勝負なんでしょうかね。
ゼスプリキウイやJR盛岡支社、車の衝突回避体験などは
両イベントとも共通しています。

一番の大きな違いが、ステージです。
まず、青森のほう。
RAB
次に、岩手のほう。こちらは画像ではなくステージの時間割で。

IBC

画像の関係でIBCのほうが質素に見えますが、
比較するまでもなく実際質素でしたw

「RABまつりに来る芸人は消えない」なんていう
ジンクスが噂されるほど、RABまつりには芸人さんがわんさか。
事務所も色々なところから来ていう上に日本エレキテル連合など、
ちゃんと旬を抑えているのもポイントが高い。
総合MCに地元の古坂大魔王を据えているのも、
お客さんと出演芸人さんにとって、いい意味ですごく楽でしょうね。

また、系列の力を借りてZIP!からアナウンサーをゲストに。
青森ではめざましテレビが流れてないので、ZIP!の独壇場ですから
呼べると強いですよね。ご両名は前日のローカル番組にも出られてました。

一方のIBCまつり。
「メモリーグラス」でおなじみの堀江淳さんや
地元のアンダーパス・臼澤みさきさんなど歌手を据えるパターン。
正直、地元の2組はいつも見られるイメージですねww 
物足りなさを感じてしまいました。
・・・アンディ小山って誰やねん?と思ったら、
IBCラジオで番組をやってるんですね。失礼しました。

差はあるものの、お祭りは楽しんだもの勝ち。
お出かけになる方は、楽しんでください。

PR

コメント

1. 無題

はじめまして。
青森のほうに行きたいかな・・・。
またの更新を楽しみにしています。

2. 無題

BLITZ(ブリッツ)さん、ありがとうございます!

やっぱり行きたいと思わせるのは青森ですよねw
青森のステージは詰め込みすぎて最後のほうは1時間押しで
ゲストの帰りの飛行機の都合もありとんでもないことになってましたが、
それもネタにしながら客席は大いに沸いていましたね。

プロフィール

HN:
管理人
性別:
非公開

P R