忍者ブログ

不来方の日々

思うままに書いております。最近はテレビやラジオの話が多め。

江幡支社長、アナウンサーに復帰?

今回は久々にIBCのお話。
数日前の岩手日報に、人事異動が載っておりました。
そこで。
「江幡平三郎」という文字を久々に拝見しました。
岩手の方ならピンと来ていることでしょう。
元アナウンサーで現在の東部支社長。
「平さん」の愛称で親しまれていたアナウンサーでした。

私も九州の片田舎で、江幡アナを拝見しておりました。
現役の裏番組をパクるという、大胆な手法で世間の嘲笑をかっさらった、
伝説の番組「おはようクジラ」に出てたからです。
この番組の江幡アナを見た印象としては結構残っており、
岩手といえばTVIの藤村アナとIBCの江幡アナは覚えました。
「おはようクジラ」の想い出はムダにあるので語りたいのですが、
脱線してしまいそうなので今回は封印。
この頃の平さんは、 NHKのワクワクさんに似てるなあと。

2005年にディレクターに異動、2009年には現在の東部支社長に
なったとのことでしたが、時折元アナの肩書きで出てきますね。
支社長になった後も、新春のホットラインで二人羽織して競争したり。

さて、前置きはこれくらいにして。
そんな平さんの異動後の職名は
「放送本部報道局アナウンス部部長兼編成局復興支援室事務局次長」 
うん、長いww
長いと思いましたが、実はこれに東部支社長と
アナウンス部長の前に部長待遇が付いていたのが現職名。
長すぎるww

要は、東部支社長の職を解いてアナウンス部の部長に
正式になったよという解釈で良いかと思います。
ということは、4月からはアナウンサーに戻ってくるようです。
この背景には、男性アナの高齢化がありそうです。

66歳の大塚アナに頼ってる時点でおわかりでしょうが、
照井アナ・加藤久智アナも還暦、菊池幸見アナも今年56。
ラジオに追いやってる感のある神山アナも50目前。
浅見・高橋アナは今まで挙げたアナウンサーほど
目立った活躍がないまま年を重ねています。
江幡アナを入れないとこの先立ち行かなくなるのは
明白だったわけです。 
テレビの視聴率がようやく上向きになってきたIBC。
江幡アナはそれに弾みをつけてくれるのでしょうか。 

【追記】
この春から夕方のニュースエコーを月~水、
ラジオで金曜のワイドステーションを担当するようです。
CMが流れていますが、今は八嶋智人さんに似てますねw
 
PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
非公開

P R