忍者ブログ

不来方の日々

思うままに書いております。最近はテレビやラジオの話が多め。

偉大だった「からくりTV」

土曜日に日テレ系で放送された「クイズ!?正解は出さないで」。
今田耕司MCで、お笑い芸人だけを回答者に据えて
問題の正解を出さずに、番組側が回答者を強制指名して
ボケ回答をさせるという番組でした。

内容自体は問題VTRがボケ回答を出す割には
冗長でテンポが悪かった。
ボケ続けるのであれば、正解がないような問題でも
良かったと思うくらいでした。
お笑い芸人を極限に追い込むことで生まれる笑いを
期待したのでしょうが、ここもイマイチでした。

ここで思ったのが、「さんまのスーパーからくりTV」のシステム。
問題の正解で10点がもらえるものの、
いいボケ回答には6点、惜しい回答にも6点が与えられる。 
(後付でロマンチック、バカなどもありましたが)
要はクイズ番組なのに、ボケ続けても優勝できるシステム。 
直感で当ててもいいし、ボケてもいい。
ボケが正解になることもある。
晩年はその基礎すら破壊されて見るも無残な番組になりましたが、
このシステムはお笑い怪獣の番組ならではでした。

答えのないものであれば、「IPPONグランプリ」や昔ながらの
大喜利と遜色ないものになってしまうので
ちょっと変わった攻め方をしたのでしょうが、
今回の日テレの番組には、変な縛りがあるせいで
笑いの幅が狭まってしまったのではなかろうかと
考えてしまいました。 
PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
非公開

P R