忍者ブログ

不来方の日々

思うままに書いております。最近はテレビやラジオの話が多め。

ベッキーはどうしたら許されるのか?

昨日の「金曜日のスマイルたちへ」で復帰したベッキー。
ここから本格的に復帰に向けて動き出すと言われていますが、
どうしたら万人の方々に許してもらえるのでしょうか。

単純に考えるに、不倫のイメージを上回る
魅力が生まれないと難しい。
不倫した芸能人たちを例に見ていきましょう。

①矢口真里の場合
ベッキーの前の不倫といえば、元モーニング娘。の矢口真里。
モー娘卒業してからは、ワイプモンスターの異名を持つほどの
バラエティ荒らしでありました。しかし、2013年5月の押入れ土下座
不倫で説明等を一切行わなかったことからバッシングが起き
収拾付かず、1年ほど休業。最近もカップヌードルのCMで
起用されながらもクレームがあり、放映打ち切りの憂き目に。
不倫相手とまだ関係が続いていると報じられたことも、
バッシングが続く原因のひとつであろう。
現在はネットテレビの司会など、往年の活躍と比べると寂しい。

②うつみ宮土理の場合
愛川欽也さんとはお昼の番組「シャボン玉こんにちは」で共演。
不倫略奪の上、離婚の翌日(!)に結婚した。
前妻さんからうつみさんに「キンキンはケロンパにあげる」と
言われるほど、愛川さんは当時うつみさんにお熱だったようで。
その後の芸能活動も順風満帆。うつみさんに至っては、
ワイドショーの「3時のあなた」の司会もされてたくらいですしw
愛川さんはうつみさんと結婚後も結構不倫をされてたようで、
うつみさんとしてはなかなか言いづらい立場だったんでしょうね。

③内村光良の場合
ウッチャンナンチャンのウッチャン。奥様である徳永有美とは
「内村プロデュース」で共演、不倫の末ゴールイン。
フジテレビの八木アナ(当時)やテレ朝の下平アナなどとも交際していた
女子アナキラーことウッチャン。番組に取り組む姿勢にコロッと来るから
女子アナに好かれるらしい。不倫発覚後は徳永アナは降板し
テレ朝社員の旦那とも離婚、ウッチャンも過渡期が重なり次々と番組終了、
レギュラーがラジオのみになった時代も。しかし「イッテQ」で盛り返し、
再び人気MCに。ただ、テレ朝では内P終了以降レギュラーを持っていない。

④荒巻陽子の場合
2011年にテレビ番組の新世代ものまね女王として華々しくデビューした。
以降、日テレ系を中心に様々な番組に出演していたが、
翌年末に喉を痛めたと発表し休業した。
後になって、喉の不調ではなく実は不倫裁判での休業が発覚。
相手は番組のプロデューサー。しかも彼の披露宴で荒巻が友人代表で
歌を披露した上に奥さんが妊娠していたことも知ってる上での不倫。
2人は結局離婚後に結婚したが、荒巻は事務所からはクビ同然の契約解除。
フリーで活動しているが、祭りのゲストやディナーショーが中心。

⑤安藤優子の場合
フジテレビの生番組に20年以上出ている安藤さん。大学在学中テレ朝に
スカウトされキャスターの道へ。以降はフジテレビの「スーパータイム」
「ニュースJAPAN」などを担当。現在は「直撃LIVEグッディ!」のキャスター。
彼女の場合、2度の不倫略奪婚を経験している。1度目は電通の社員と、
2度目の現在はフジテレビのプロデューサー。ゆえにフジテレビにずっと
出続けられるとも解釈できる。グッディが終わっても、何かしらフジテレビに
出ることでしょう。

5例を出してみましたが、5者5様といったところ。
一般の職場でも同じでしょうが、許される云々ではなく、ある意味
割り切れるくらいの図太さがあれば職場でも居続けるでしょう。
許さない人は一生許さないでしょうし、
慰謝料だけでは済まない心の傷も付けている。
それを肝に銘じて、不倫をされるのがいいかと思います。


(あとがき)
私はベッキーのことは好きでも嫌いでもありません。
正直出ても出なくてもどーでもいいのが本音。
これが大前提で、おもいつくまま文書を書きました。
PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
非公開

P R